琵琶湖でキャンプin六ツ矢崎浜オートキャンプ場8/8~8/9

キャンプ

基本情報

  • 住所
    〒520-1503 滋賀県高島市新旭町深溝
  • HP
    https://takashima-kanko.jp/spot/mutsuyazakihama.html
  • 料金(1泊大人1人)
    2000円
  • 予約方法
    ネットにて予約必須
  • 周辺施設
    • 駐車場
      あり 乗り入れ可能
    • 売店 自販機
      受付にて薪の販売がされていました
    • トイレ
      あり
    • 温泉、シャワー
      水が出るシャワーがありました
    • 炊事場 水道
      あり
    • 電源
      なし
    • ごみ、灰捨て場
      分別して捨てることが出来ます。別途料金不要
    • 電波状況(ahamo)
      良好

当日の天気と服装

  • 天気 晴れ
  • 気温 最高38.4℃(テント内) 最低27.4℃
  • 服装 半袖 長ズボン

日が暮れても暑かったので、フルメッシュのテントにすればよかったと後悔。あと半ズボンが欲しい

食料と荷物の収納状態

前日と同様で食料は近くのスーパーで調達しました。

観光

奥琵琶湖パークウェイ
特に何もないがジャパン峠プロジェクトのステッカーを購入するのに立ち寄りました。
琵琶湖を一望できるので良い眺めでした。

メタセコイヤ並木
前回は冬に行ったので緑がなく寂しい感じでしたが、今回は緑が映えていいドライブスポットでした。

メタセコイヤ並木の近くの売店で購入暑い夏に食べるジェラートが美味しい。

キャンプ1日目

荷物の運搬とテント設営

キャンプ場内はどこにでも車を停めても良いみたいなので、荷物が多いいキャンパーさんでも荷物の運搬に関する問題なく設営が出来そうです。

自分はトイレが遠くなってもいいので他の人と離れたところにしたかったのでキャンプ場の一番端に設営しました。
白の車にテント良い感じです!!

本日のログインボーナス

今回のログインボーナスは地酒のレモン酒にしました。ロック、水割り、ソーダ割と幅広く楽しむことが出来、夏場にぴったりの酸味の効いた飲みやすいお酒でした。

今日は焚き火をする気が起きなかったのでお惣菜を購入、メンチカツの濃いソースが旨い。

晩ごはん

晩御飯は刺身とベーコン、ナッツなどのおつまみにしました。日が暮れても暑かったので、冷えた刺身と酒がが美味しい

キャンプ2日目

翌朝

目の前が琵琶湖で良い眺めでした。
夕焼けみたいな写真ですが朝日です

朝ごはん

今日の朝御飯は軽めにつぶあんパンにしました。
定期的にこのつぶあんパンが食べたくなる。高級と書いているがお財布に優しい価格なのもうれしいです。

朝風呂へ

くつき温泉 てんくうで朝風呂へ
キャンプ後のお風呂は気持ちいいです。風呂上りは定番の飲み物、今回はフルーツ牛乳にしました。

今回のメインギア

CARRY THE SUN ブラックベルト(スモール)

1人用のランタンとしては十分な明るさでした
自分が購入したのは、実用性を兼ねて白色にしましたが、雰囲気を重視するのであれば暖色でもいいかもしれません。

チタンペグ16.5cmと軽量タープポール

装備の軽量化をするために今回から導入、両方とも通常使用時には問題なく使用することが出来ました。

商品リンク
チタンペグ
軽量タープポール

山と道mini

mini2とどちらにしようかと迷ったが普段使いし易いファスナータイプのminiにしました。
軽量で30Lの割にしっかりと容量があるのでキャンプ用品のパッキングが出来ます。
今年中にテント泊登山をしたい!!

HP

コメント

タイトルとURLをコピーしました