新居への荷物の運搬と準備part1(一人暮らしの準備)

待ちに待った新居のカギをもらえる日になりました。
正直、初の一人暮らしということもあり運ぶ荷物も少なく、注文した家電がそろうまでまだ期間があるので引っ越し業者に頼まず日を分けて運搬することにしました。
中型免許持っているのでその気になればレンタルして1回で運搬できますが(笑)

今回は、1日目に荷物の運搬と新居で何をしたかについて紹介していきたいと思います。

新居の準備part1

荷物を積んで出発

普段必要のないキャンプ用品や私服から運ぶようにしました。
後部座席も倒してフル積載で行ったけど正直、今日は掃除がメインだったのでもっと少ない荷物にしておけばよかったと後悔…
あと、今日に限っての雨は幸先悪すぎる。

不動産屋で新居のカギを入手

不動屋さんで新居のカギを入手して、簡単な説明を受けました。
正直基本的なことばかりで普通の人なら何も問題ないと思います。
カギを写真で載せたかったけどセキュリティの都合で写真はなしです。皆さんもカギを写真で載せると番号やカギの形状から複製される恐れがあるので注意しよう。

新居に到着

新居に到着。新築の木のにおいが最高です!!
木造建築というだけあって気のいい匂いがします。防音に関しては劣っているかもしれませんが、部屋の間取りから足音に関してはまだ分かりませんが、隣からの騒音は問題ないと思います。

電気、水道、その他設備の確認 ガスは後日立ち合いでの確認

まずは、ブレーカを入れて各部屋の照明やエアコンなどの電気設備の使用が出来るかの確認をしました。もちろん、換気扇や浴室乾燥機もちゃんと動作するか1回動かして確認しましょう。

水道も浴室、キッチン、トイレすべて水が流れるかの確認をしましょう。
ガスは今日開栓の予約が取れなかったので後日になります。

入居前に必ず電気と水道は使えるようにしておきましょう。エアコンが無かったら部屋に居られへんぐらい寒いし、掃除するのにも水道は必要になる、あとトイレにも困ることになります。ちなみに自分はしっかりとトイレットペーパーを忘れました(笑)

掃除と部屋の破損個所がないかの確認

新築とはいえ入居前には掃除をしておきましょう。もちろん業者が1回掃除してくれていると思いますが、破損個所の確認も含めてやっておいたほうが良いと思います。

床や天井はそこまで汚れていませんでしたが、壁は思っていたよりも汚れていて驚きました。結構凹凸のある壁なので仕方がないのかなぁ
天井と壁はドライシートで床はウェットシートを使用しました。

部屋の間取り寸法の確認

一通り掃除が終われば荷物の搬入をしていきます。
今回の物件は明るい綺麗な部屋ですが個人的にフローリングがあまり好きではないので、タイルカーペットを敷く予定です。ちなみに今日はとりあえずニトリで20枚購入しましたが、全然足りませんでした。

ここまでやれば後は部屋で籠って作業が出来るので雨や寒さとはおさらばや
今日残された時間も少ないのであとは部屋の間取りとその寸法を確認しておきました。この作業をやっておくことで自分の場合は家電はもう購入済ですが、家具や収納スペースにどのぐらいの大きさの物が入るのかが分かるのでノートにでもメモしておいたほうが良いと思います。

バルサンを炊いて撤退

途中で、AmazonからPCデスク周りの品が届いて部屋が無茶苦茶になったが明日も仕事があるので今日はバルサンと浴室の防カビ燻煙材を炊いて帰ります。
バルサン炊いた後に戸締りしたか気になって煙が充満した中入ったけど、気分悪くなるからおすすめはしません、みんなは、戸締りを先に確認しよう。

今日使用した商品のまとめ

  • クイックルワイパー ブラックカラー フロア用掃除道具 本体
  • クイックルワイパー フロア用掃除道具 ドライシート 40枚
  • クイックルワイパー立体吸着ウエットシート ストロング 24枚×2個+ドライシート1枚付
  • バルサン ワンプッシュ 霧タイプ くん煙剤 46.5g × 2個
  • ルック おふろの防カビくん煙剤 フローラルの香り 4g×3個パック

クイックルワイパー初めて使ったけど天井から床まで使いやすくてオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました